vCenter Server Appliance のデータロールバックにより、消えたストレージ(データストア)を消すために。

さまざまな理由から、ハード的にストレージを取り外し。

その後、 vCenter Server Appliance のVM自身が起動しなくなり、バックアップしていた、vCenter Server Appliance のVMを起動。当然、バックアップ時点(約1日前)までデータはロールバック

そのため、ハード的に外したストレージ(データストア)が、接続ホストが空だが、vCenter Server Appliance に表示される状況になってしまった。(画面スナップショットする前までは、赤丸横線・access insuccess が表示されていた)

 

f:id:shaggyman:20190731174932p:plain

存在するように見えるが・・・

f:id:shaggyman:20190731174957p:plain

接続ホストがない状態

 

該当ハードディスクを接続していたESXiを再起動したり、該当ESXiとの接続を切断・再接続したが治らず。

 

仮想マシンしか確認していなかったのだが、テンプレートで該当ストレージ(データストア)を使っていたものがあった。

 

そのテンプレートを仮想マシンにしようとすると、当然「操作に失敗しました。」

操作に失敗しました。

操作に失敗しました。

ということで「インベントリからの除去」を実行。正常終了

該当ストレージ(データストア)を使っていたテンプレートをすべてインベントリから削除したら、無事、該当ストレージ(データストア)が、vCenter で見えなくなりましたとさ。

 

「この仮想マシンにはAVXが必要ですが、AVXが存在しません。」もしくは「モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。」でVM起動に失敗

ホストマシンを追加し、ESXi をインストール。

新ホストマシンに、VMを移行したが、以下いずれかでVM起動失敗

 

  • 「この仮想マシンにはAVXが必要ですが、AVXが存在しません。」

この仮想マシンにはAVXが必要ですが、AVXが存在しません。

この仮想マシンにはAVXが必要ですが、AVXが存在しません。
  • 「モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。」

モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。

モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。

モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。

モジュール「CPUID」のパワーオンに失敗しました。

 

 

色々調べて、VMの設定の編集  | CPU | CPUIDマスク | 詳細設定 | 「すべてデフォルトにリセット」で解決。

(おそらく該当VMは、P2VしたVMだった。)

 

CPU識別マスクリセット前

CPU識別マスクリセット前

CPU識別マスクリセット後

CPU識別マスクリセット後

vCenter Server Appliance 6.0u3 -> 6.7u2 バージョンアップ直後、Firefox で vSphere WEB Client (FLEX) にログイン後エラー

vCenter Server Appliance 6.0u3 -> 6.7u2 バージョンアップ直後、Firefox で vSphere WEB Client (FLEX) にログイン後エラーが出てしまう。(いろんなエラー番号・パターンあり)

 

内部なエラーが発生しました - Error #1034。

内部なエラーが発生しました - Error #1034。

RSL /vsphere-client/rsl/flex-util-6.0.0.swf failed to load. Error #2032

RSL /vsphere-client/rsl/flex-util-6.0.0.swf failed to load. Error #2032



 

バージョンアップしたはずなのに、6.0.0 と出る?!

 

ということで、FireFox のウェブコンテンツのキャッシュを削除して、リトライ。

無事つながりました!!

(すなおに、vSphere Client (HTML5) を使えってツッコミはなしでお願いします。^^;)

ESXi 上で、スナップショットの削除に失敗に対応

あるVMのスナップショット一覧を見たら以下のように、スナップショットが沢山作成されていた。

f:id:shaggyman:20190719134141p:plain

 

どうやらデイリーバックアップ時のスナップショット作成→スナップショット削除の作業のうち、スナップショット削除に失敗しているようだ。

 

Host Clientで、手動削除を行ったが、失敗。

f:id:shaggyman:20190719134359p:plain

 

調べたら、残っている一番古いスナップショットの日付の直前に、バックアップから復旧作業等を行ったようだ。

また、ESXi に ssh でログインしファイルを調べると、以下.vmsdにある、snapshot0 のファイル w-win10jp64-Snapshot1.vmsn が見当たらないことに気づいた。

---

.encoding = "UTF-8"
snapshot.lastUID = "3"
snapshot.current = "3"
snapshot0.uid = "1"
snapshot0.filename = "w-win10jp64-Snapshot1.vmsn"
snapshot0.displayName = "for Backup"
snapshot0.type = "1"
snapshot0.createTimeHigh = "363990"
snapshot0.createTimeLow = "1935648841"
snapshot0.numDisks = "1"
snapshot0.disk0.fileName = "w-win10jp64.vmdk"
snapshot0.disk0.node = "scsi0:0"
snapshot.numSnapshots = "3"
snapshot1.uid = "2"
snapshot1.filename = "w-win10jp64-Snapshot2.vmsn"
snapshot1.parent = "1"
snapshot1.displayName = "仮想マシン スナップショット 2019%252f7%252f17 11:09:57"
snapshot1.createTimeHigh = "363990"
snapshot1.createTimeLow = "-40805507"
snapshot1.numDisks = "1"
snapshot1.disk0.fileName = "w-win10jp64.vmdk"
snapshot1.disk0.node = "scsi0:0"
snapshot2.uid = "3"
snapshot2.filename = "w-win10jp64-Snapshot3.vmsn"
snapshot2.parent = "2"
snapshot2.displayName = "仮想マシン スナップショット 2019%252f7%252f17 11:12:24"
snapshot2.type = "1"
snapshot2.createTimeHigh = "363991"
snapshot2.createTimeLow = "105838208"
snapshot2.numDisks = "1"
snapshot2.disk0.fileName = "w-win10jp64-000001.vmdk"
snapshot2.disk0.node = "scsi0:0"

---

 

以下の作業を行って、復旧

  1. 該当VMシャットダウン
  2. 該当VM登録解除
  3. vmsd 編集(詳細以下)
  4. VM再登録
  5. スナップショット削除

vmsd は以下のように編集

  • snapshot0 に関する行削除
  • snapshot.numSnapshots の数値 -1
  • snapshot1.parent

 

---

.encoding = "UTF-8"
snapshot.lastUID = "3"
snapshot.current = "3"
snapshot1.uid = "2"
snapshot1.filename = "w-win10jp64-Snapshot2.vmsn"
snapshot1.displayName = "仮想マシン スナップショット 2019%252f7%252f17 11:09:57"
snapshot1.createTimeHigh = "363990"
snapshot1.createTimeLow = "-40805507"
snapshot1.numDisks = "1"
snapshot1.disk0.fileName = "w-win10jp64.vmdk"
snapshot1.disk0.node = "scsi0:0"
snapshot.numSnapshots = "2"

snapshot2.uid = "3"
snapshot2.filename = "w-win10jp64-Snapshot3.vmsn"
snapshot2.parent = "2"
snapshot2.displayName = "仮想マシン スナップショット 2019%252f7%252f17 11:12:24"
snapshot2.type = "1"
snapshot2.createTimeHigh = "363991"
snapshot2.createTimeLow = "105838208"
snapshot2.numDisks = "1"
snapshot2.disk0.fileName = "w-win10jp64-000001.vmdk"
snapshot2.disk0.node = "scsi0:0"

---

 

 

Windows 10 で、Visual J# 2.0 再配布可能パッケージ - SE (x64) がアンインストールできない。

Windows 10のアプリと機能の確認していたら、見慣れないものがあった。

Microsoft Visual J# 2.0 再配布可能パッケージ - SE (x64)」

不要と思われるので、アンインストールしたら・・・

f:id:shaggyman:20190613175319p:plain

上記画像のようにアンインストールできない。

該当のフォルダ「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\Microsoft Visual J# 2.0 Redistributable Package - SE (x64)」も確かにない。

 

しかたがないので、下記からダウンロード

Download Microsoft Visual J#® 2.0 再頒布可能パッケージ Second Edition (x64) from Official Microsoft Download Center

 

f:id:shaggyman:20190613175534p:plain

 

ダウンロードしたファイルを実行。アンインストールを選択

 

f:id:shaggyman:20190613175552p:plain

 

f:id:shaggyman:20190613175611p:plain

 

無事にアンインストールできたようだ。

 

Windows 10 1903 へのアップグレードで、ディスクトップ上のショートカットが消えた

Windows 10 のPC を1809から1903にアップグレード。

その際、ディスクトップ上のあるショートカットが消えた。

 

ゴミ箱には入っていない・・・

 

探したところ、以下フォルダに移動されていた。(残っていて良かった)

 

C:\Windows.old\Users\(ユーザ名)\Desktop

 

どうやら、リンク先ファイルがなくなっていたショートカットのようだ。

そのため、アップグレード中に移動されたようだ。

 

リンク先がなくても、必要だから作ったショートカットなので、急になくなって冷や汗かいた。デスクトップ上にそのまま残しておいて欲しかった。

 

現時点の困りごと

sendmail への証明書設定方法 (とりあえず let's encryptで)

・OpenDKIM で、認証 fail になる問題(おそらくUTF-8 のメールで、文字コードを変換するサーバを通った時)

sendmail文字コードを変換しないようにする設定